ゴールドフィルドについて


金属はK14GFを中心に使用しています。
GF=ゴールドフィルド(金張り)です。
メッキとは加工が異なり、芯に熱圧着によってK14層をプレス。
芯は主に真鍮が使われており、K14層の割合は全重量の5%分です。
金相場高騰の影響から、比較的安価で最近人気のあるK10よりさらに、
GFはお手頃にゴールドの質感を楽しむことができます。

K14GFは変色しませんという説明を見かけたりしますが、実際は変色します。
細いネックレスチェーンは特に早くに出るように思います。
個人見解ですが、いくら熱圧着されていても、細い物は加工が弱いかもしれませんし、
イヤリングに比べて皮脂や汗への密着が強く変色に繋がりやすいのではないかと。
そもそもK14自体、58.5%が純金、残り41.5%が銅・銀・パラジウムなど別の金属を加え合金にしたものなので、
使用状態によっては変色する金属です。



左から
K14GF(お手入れなし) / K14GF(お手入れあり) / K10


輝きの違いわかりますか~写真が上手くなくてごめんなさい。
一番左、着用後お手入れなし(汚れ拭かず)で棚の上に放置しっぱなしのGFチェーン、茶色にくすんでます…。
中央GFチェーン、少しくすんだときに一度中性洗剤でクリーニング、その後は使用毎にセーム革でお手入れ。
K10に遜色ない輝き保ててます。よしっ(^^)v



accessories_015_chainGF.jpg
違いわかるかな…


お手入れに使用してる革、結構黒くなります。
accessories_017_chamois_leather.jpg


空気中の成分と合わさって変色も進むようなので
接触を避けて、ジュエリーケースやジプロップのような袋等での保管が良いです。
値段がお手頃な分、お手入れを小まめにして長く綺麗に保ちたいですネ(^^)





スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jinote.blog.fc2.com/tb.php/34-300ec895
該当の記事は見つかりませんでした。