スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色変化


判子を例に、鯨歯の経年変化のご紹介です。


年月により乳白色→あめ色に変化していきます。

iro_henka_02.jpg
あめ色になるとヴィンテージ感が強まります。


写真左下の長年使い込まれた判子は、
朱肉の油分を吸い上げて
木目の様な紋様に朱色が染み込んでいる状態です。
天然素材ならではの風合いです。

iro_henka_03.jpg

iro_henka_04.jpg

鯨歯の判子は彫り直しができ
代々長く使っていけます。


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jinote.blog.fc2.com/tb.php/11-843065b2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。